医学部予備校のPMD医学部専門予備校福岡

資料請求お問合せ

お電話でのご質問は092-406-7088
(受付時間 09時‐17時)

久留米大学医学部 2014年度受験情報|入試問題の傾向と対策

久留米大学医学部大学紹介
2015年度 久留米大学入試問題の傾向と対策

受験データ

一般入試

科目 試験時間 得点 難易度 形式
英語 90分 100点 やや難 記述・選択
数学 90分 100点 標準 穴埋
物理 2科目120分 200点 標準 記述・穴埋
化学 標準 記述・穴埋
生物 標準~やや難 記述・穴埋
小論文 60分 50点 テーマ型800字

 

面接

時間 形式
約20分 個人面接

 

最低合格点

2012年度 2011年度 2010年度
293(450) 319(450) 307(450)

2014年国立・私立医学部受験情報トップ

久留米大学医学部大学紹介

傾向と対策~科目別~

英語

標準~やや難しい問題。より多くの過去問で傾向を把握する

大問1
長文読解。空所補充および内容一致問題。語彙レベルがやや高い文章が出題される。空所補充の問題は品詞と語句の意味を問う問題がほとんどであるため。語彙力を強化しておく必要がある。

大問2
長文読解。整序問題。語彙レベルが高く、意味を考えながら単語を並べる整序問題であるため、難易度は高い。内容の反復や対比をうまく利用しながら解く必要がある。

大問3
長文読解。和文英訳・英文和訳。和文英訳は文法や慣用表現の知識を問うことが多いので、知識を充実させておく必要がある。文法事項に多く触れてある英作文の参考書を1冊仕上げるとよい。和文英訳も同等の語彙レベルのものが多いが、構文を把握する練習を重ねておく必要がある。

推薦参考書「英文表現力を豊かにする 例解 和文英訳教本 文法矯正編」小倉弘 著

大問4
文法・語彙問題。空所補充。文法よりも語彙力に重点が置かれている。普段使用している単語帳に加えて紛らわしい単語を整理してある単語帳を使うとよい。

大問5
文法・語彙問題。誤り指摘問題。熟語や文法力が問われる。早稲田の法・人文・人間科学部の同じ形式の問題も練習に活用してほしい。

大問6
文法・語彙問題。空所補充。基本的な文法知識を問うものが多い。基本動詞や前置詞のイメージを理解して、熟語の知識を整理しておく必要がある。大問4同様、語彙の問題も含まれる。

大問7
発音問題。単語の難易度は高いものが多い。出題される単語を予測することは難しいためスペルと発音の関係を頭に入れておく必要がある。
推薦参考書「世界一わかりやすい英語の発音の授業」関正生 著。

数学

基礎的な問題。高い計算力が求められる

出題はⅠ・Ⅱ・Ⅲ・A・B・C全範囲から出題される。微分積分、三角関数などの出題が多いが網羅的に学んでおく必要がある。基本的な問題が多いが中には難問もあるため高い計算力が求められる。そういった難問も確実に得点していくことが合格へのカギとなる。

物理

難しく思えるものでも冷静に取り組む。単位に注意

3題のうち2題は力学、電磁気から出題、1題は波動、熱力学から出題される。教科書レベルの基本的な問題が多く、やや難易度の高い問題も誘導にきちんと従えば解ける問題である。注意点は解答に単位が求められる点。正しく理解していなければ単位は答えられないので、教科書内容は正確に理解しておく必要がある。

化学

基礎的な問題。計算問題、構造決定は要注意

ほとんどが基礎的な問題であるが、計算問題や有機化学の構造決定は解くのに時間を要するため、基本問題をいかに早く正確に解くかがポイントとなる。構造決定の問題は難しいため、問題集や他大学の過去問で演習を積み重ねておく必要がある。化学反応式を出題されるため、無機化学の有名な製法を整理しておく必要がある。糖類・アミノ酸についても整理しておくとよい

 

生物

基礎的な問題。ケアレスミスに注意

大問4題からなっている。遺伝情報からの出題が多い。遺伝の問題は計算を伴う傾向にある等、計算力を問われる出題が多いので、遺伝のいろいろな問題を解いて練習しておくこと。

全体的に内容としては基礎的な知識を問う問題が多く、点数の差がつきにくい。ケアレスミスが致命傷となるため、無駄な失点のないよう細心の注意を払う必要がある。小問の最初が空所補充問題となっているので、基本的用語をしっかり押さえておきたい。生物用語の意味と使い方を理解するため、教科書をよく読み、問題集を繰り返し解き、理解を深めていく必要がある。

 

小論文

幅広い知識と自分の意見

医療関係の記事や時事ニュースに対して常にアンテナをはっておかなくてはならない。小論文を書き始める際、論理を形作る型を決めることも重要である。

 

出題内容


「医科大学病院の理想像」
「医療のIT化」
「高齢者介護」
「高齢者に関する医療」
「医師像」

面接

 

社会問題にも関心を

医療関連はもちろんであるが、社会問題となっている時事ニュースに関しても深い理解と自分の意見が必要。

 

質問内容

 

  • 志望理由(大学、医師)
  • 併願校
  • 試験の出来
  • 得意科目・不得意科目
  • 高校生活
  • 親の職業
  • 将来どの科に進みたいか
  • 最近気になったニュース
  • 医師になったあと久留米(九州)にのこるか
  • 川で自殺しようとしていうる人がいたらどのようにして思いとどまらせるか
  • チーム医療についてどう思うか
  • 高校、地元について
  • 趣味
  • 座右の銘
  • 医師に必要なもの
  • 理数科目が得意か
  • 部活動について
  • 入学後したいこと
  • 昨年より成績はのびたか
  • センター試験の得点
  • 高校生活でもっとも思い出深いこと
  • 調査書の内容について
  • 大学で勉強以内にしたいこと

 2014年国立・私立医学部受験情報トップ

久留米大学医学部大学紹介