医学部予備校のPMD医学部専門予備校福岡

資料請求お問合せ

お電話でのご質問は092-406-7088
(受付時間 09時‐17時)

九州大学医学部 2014年度 受験情報|入試問題の傾向と対策

九州大学医学部紹介
2015年度 九州大学入試問題の傾向と対策

受験データ

▶ 一般入試
前期
科目
試験時間(二次)
二次
センター
難易度(二次)
形式
英語
120分
200点
100点
やや難
記述・選択
数学
120分
250点
※100点
記述
国語
※100点
   
物理
2科目150分
250点
※100点
やや難
記述・選択
化学
やや難
記述
生物
記述・選択
地公
50点
   
面接
   
小論文
 
合計
700点
450点
 ※センター試験 「国語」必須。●数学…「数Ⅰ・A」必須。「数Ⅱ・B」、「工業数理基礎」、「簿記・会計」、「情報関係基礎」から1。●理科「生物Ⅰ」必須。「物理Ⅰ」、「化学Ⅰ」から1。

 

 

▶ 合格最低点
前期
2012年度
2011年度
2010年度
840.90(1150)
1003.10(1200)
938.90(1200)

九州大学医学部紹介

2014年国立・私立医学部受験情報トップ

傾向と対策~科目別~

 

英語

▶ 総合的な英語力を問う良問

 

長文読解

一部選択式ではあるが記述中心の問題。和訳・内容説明・内容一致の形式で出題される。文法・構文の知識を問う基礎的な問題もあるが、単語の意味を前後の文章との関係から把握しなくてはならない問題など、思考力を要する問題が多い。暗記英語では通用しない良問である。ifの無い仮定法や倒置、無生物主語構文などが好んで出題されるので、演習をしっかりと行っておく。

 

和文英訳

難解な日本語を、いかに簡単な日本語に噛み砕いてから訳すかがポイントとなる。かなりの文法力が必要なので、書くことを意識して文法を学んでおかなくてはならない。

 

自由英作

「グループワークの大切さ」

「砂糖への課税」

「外国人に教えたい文化」

などがテーマで100~150語ほどで出題される。文法的なミスは絶対に無いように正確な英文を書くように心がけたい。

国際化などテーマになりやすいものに関しては、一度意見をまとめておくとよい。

 

 

要約

比較的読みやすい文章が出題される。主題・具体例・譲歩・主張を正確に把握し、論理構成を意識しながら要約する。

 

 

数学

▶ 証明問題に注意

 

全問記述式であり、証明問題が好んで出題されている。計算が複雑になるものも多く、正確かつ迅速な計算力を身に付けなくてはならない。難しい問題も含まれているため、レベルが高めの問題集もしっかりと仕上げておきたい。

 

 

物理

▶ 力学・電磁気には難問も含まれる。

 

全範囲から基礎的な問題と応用問題が出題される。教科書レベルの知識を、演習をくりかえすことで脳にしみこませなくてはならない。思考力を要する問題も多いため、レベルの高い問題集を用いて演習量を増やしておきたい。描図問題・証明問題についてもしっかりと対策を行っておくこと。

 

 

化学

▶ 構造決定を確実にとる

 

理論分野から多く出題され、難易度はやや高い。化学平衡や電離平衡をはじめとする化学Ⅱの分野は、その原理をしっかりと理解しておく必要がある。一見高校範囲を超えたように見える問題でも、誘導に従っていけば解ける問題である。論述問題も多く出題されるため、丸暗記ではなく、「なぜそうなるのか」ということを各事項について考えながら学習しておくとよい。『化学Ⅰ・Ⅱの新研究』および『化学Ⅰ・Ⅱの新演習』という参考書を使って、理解を深めておきたい。

理論分野は化学結合から化学Ⅰの熱化学、酸化・還元などの知識をしっかりと固め、化学平衡の問題を中心に演習しておく。

無機分野は教科書レベルの反応式はすべてかけるようにしておく。工業的製法については計算問題が出題されやすいため特に注意しておく。

有機分野は元素分析、構造決定はどんな問題でも解けるように、数多くの問題を用いて演習を行っておく。東京大学、京都大学の構造決定の問題にも挑戦してみるとよい。

 

 

生物

▶ 論述問題の訓練を

 

様々な形式で知識が問われる。

遺伝分野、動物の反応、タンパク質と生物体からよく出題されているが、他の分野の知識を前提に解く問題など出題分野は多岐にわたっているため、幅広い知識の習得が必要である。

空所補充形式で生物用語が問われるため、曖昧な知識では得点できない。

実験問題はかなりの思考力を要する。教科書にでてくる実験は確実におさえ、図説などを用いて理解を深めておかなくてはならない。

論述問題は必出であり、各生物用語を自分の言葉で説明できるように、何度も書いて訓練することが重要である。問題集の論述問題を使い、思考力と記述力を鍛えておきたい。

 

 

 

 

面接

後期      個人面接 1対3 15分

 

・医学部志望理由
・高校時代に頑張ったこと、もっと頑張ったらよかったこと、感動したこと
・高校時代に読んだ本、なぜ印象に残ったか
・将来の自分の医師像
・医師に不可欠の資質
・自分の長所、短所
・大学ではどのような学生生活を送りたいか
・高校時代の学部学科研究発表会の内容
・医療系のニュースで最近気になったもの

九州大学医学部紹介

2014年国立・私立医学部受験情報トップ