医学部予備校のPMD医学部専門予備校福岡

資料請求お問合せ

お電話でのご質問は092-406-7088
(受付時間 09時‐17時)

兵庫医科大学医学部 2014年度 受験情報|入試問題の傾向と対策

兵庫医科大学大学案内
2015年度 兵庫医科大学入試問題の傾向と対策

受験データ

一般入試

科目 試験時間 得点 難易度 形式
英語 90分 150点 標準 記述・選択
数学 90分 150点 標準 記述・穴埋
物理 2科目120分 200点 標準 記述・穴埋
化学 標準 記述・穴埋
生物 標準 記述・選択
小論文 60分 100点 課題文型900字

 

面接

時間 形式
約15分 個人面接

 

最低合格点

2012年度 2011年度 2010年度
251(500) 251(500) 300(500)

2014年国立・私立医学部受験情報トップ

兵庫医科大学大学案内

傾向と対策~科目別~

英語

文法・語法に重点。基礎は完璧に

文法・語彙問題
整序問題は自動詞・他動詞の知識を必要とする問題や、熟語の知識を問う問題が出題されている。難易度はセンターレベルではあるが、問題数が多いため演習を繰り返して、品詞や文のつくりの理解を深めておく必要がある。日本語に惑わされずに、正しい英語の語順にすることがポイントとなる。
空所補充は形容詞、名詞などの区別を問う問題が多い。紛らわしい語句を整理して覚えておかなくてはならない。

読解問題
約3題出題され、医学や科学をテーマにした文章が多い。物語が出題されることもあるため、読み方を理解しておく必要がある。設問の難易度はそれほど高くないが、和訳問題は複雑なものが多く、構文を正確に把握する力が問われる。SVの把握から始め、句・節の把握など訓練をしっかりと行っておく必要がある。
推薦参考「減点されない英文解釈」

和文英訳
難しい日本語を柔らかく、理解しやすい日本語に言い換える訓練を積んでおく。そのうえで英訳を行えば、ミスを減らし、わかりやすい文章を書くことができる。1つの文章を2文に分けて書くなどの工夫も必要になるので、同じ問題を何度も書いて、型を身に付けるとよい。

 

数学

難易度も出題範囲も幅広い。スピーディな計算が必要

大問1
小問集合。小問集合ではあるが、論理構成や計算力を問われる問題は多い。答えだけでなく、計算過程も記述するため、普段からきれいに解答をつくる習慣をつけておかなくてはならない。

大問2,3
各分野から広く出題されるが基礎的な問題が中心である。図形問題の場合は複数の解答を意識して解いていく必要があり、図の書き方も日頃から入試本番を意識して練習しておく。場合の数の問題は数え上げの問題が出題され、時間が不足しないように時間配分を事前に決めておく必要がある。

物理

基礎的な問題が多い。ケアレスミスに注意

各単元から幅広く出題されるが、力学・電磁気に重点が置かれている。教科書レベルの易しい問題もあるが、論述問題では思考力を要するものが多いため、各分野の正確な知識を頭に入れておかなくてはならない。

化学

生命化学の問題は要注意

各分野にわたって幅広い知識が求められるが教科書を熟読しておけば問題ない。理論化学は酸化還元、中和、反応熱の問題を繰り返し解き、理解を深めておく。無機分野は電池などの理論分野との融合問題が出題される傾向にあるので、形式になれるために過去問を解きこんでおく必要がある。広島大学、九州大学などの問題もよい練習問題となる。有機分野は異性体を意識して構造決定を行う問題などが出題される。DNA・RNAなどの生命科学の問題も出題されるため、知識を整理しておかなくてはならない。

生物

論述問題が増加。対策をしっかりと

ここ2年は例年に比べ大問の数が増加傾向にある。出題範囲は全範囲にわたるが動物の反応、タンパク質と生物体、遺伝、分類・進化からの出題が多い。

問題は標準的な内容が中心であるが、教科書に載っていないような問題も出題されているので、図説を活用しながらいろいろな生物や医学に関わるような知識も持っておくと良い。教科書や図説での知識の確認に加え、医学部向けの問題集でやや難しい問題も解けるようにしておくこと。

空所補充問題、論述問題と記述が多いので、生物用語の意味、使い方を深く理解し、まとめることで記述対策をしっかりととっておくことが必要である。

 

小論文

幅広い知識と自分の意見

医療関連の知識に限らず、幅広い知識が問われる。複数出題され、字数にもバラつきがあるため、過去問を利用し傾向を把握しておきたい。

 

出題内容


『日本人の読み書き能力調査』(馬場康雄)
【サルの目ヒトの目】「生きる」ということ』(河合雅雄)
『少子化の歴史的背景とは』(杉本圭亮・中川雅央)
『経済学的センス』(大竹文雄)
『大人の時間はなぜ短いのか』(一川誠)
『科学的思考とは何だろうか―ものつくりの視点から』(瀬戸一夫)

面接

社会問題にも関心を

医療関連はもちろんであるが、社会問題となっている時事ニュースに関しても深い理解と自分の意見が必要。

 

質問内容

 

  • 志望理由(大学、医師)
  • 大学の印象
  • 併願校について
  • センター試験の得点
  • 小論文について
  • 調査書の内容について
  • 好きな科目、苦手な科目
  • 自己アピール
  • 気になる医学関係の時事問題について
  • クラブ活動で得たものは
  • 熱意を失って医学の道をあきらめてしまうものがいるが、どうすればいいと思うか
  • 国際活動に協力したいか
  • 大学で疑問点はどう解決するか
  • 部活動について
  • 自分の医師に向いている長所
  • 趣味、特技について 将来の進路(科)
  • 医師や医学生の茶髪をどう思うか
  • 友人3人と海外旅行中強盗に襲われ、1人が撃たれ、銃口は自分に向けられている場合どうするか
  • 医師の資質について
  • 1人で勉強するタイプか
  • 集団は苦手か
  • 医学部は他学部と違って入学してからも大変だががんばることが出来るか
  • もし医学部が存在しなければ、どの学部を受けるか
  • 大学に期待していること

 

 2014年国立・私立医学部受験情報トップ

兵庫医科大学大学案内