医学部予備校のPMD医学部専門予備校福岡

資料請求お問合せ

お電話でのご質問は092-406-7088
(受付時間 09時‐17時)

北里大学医学部 2014年度 受験情報|入試問題の傾向と対策

北里大学医学部案内
2015年度 北里大学入試問題の傾向と対策

受験データ

一般入試

科目 試験時間 得点 難易度 形式
英語 70分 150点 標準 マーク
数学 80分 150点 やや難 記述・穴埋
物理 2科目100分 200点 標準 マーク
化学 標準 マーク
生物 やや難 マーク
小論文 90分 課題文型1000字

 

面接

時間 形式
約20~30分 グループ面接(3対2)

 

最低合格点

2012年度 2011年度 2010年度
333(500) 297(500) 305(500)

2014年国立・私立医学部受験情報トップ

北里大学医学部案内

注意点

2014年度入試より適性検査追加

 

傾向と対策~科目別~

英語

難問は出題されないが、語彙レベルは高い

大問1,2
読解問題。英文は語彙レベルが高く、やや難しいものが多い。医学部らしいテーマの英文が多く出題されるため、専用の単語集で勉強するとよい。問題は語彙の問題や内容真偽の問題であるが、内容真偽については、どの程度の答えが正解・不正解になるのか、感覚をつかむために、徹底的に過去問をやりこんでおきたい。

大問3
会話問題。会話問題ではあるが、文法の知識が問われている。会話問題を解く練習を行う必要はあまりないといえる。

大問4
読解問題。短い文章から求められる数字を計算して答える問題。独特の形式であるが、きちんと読めば解ける問題であるため、取り立てて対策する必要はない。

大問5
文法問題。整序。整序問題では語法が問われるがやや難しいものが多い。整序問題の問題集を1冊仕上げておく必要がある。

 

数学

思考力を要する問題が多いが、過去問を徹底的に演習しておく

大問3題。大問1が空所補充式。大問2,3が記述式。

標準的なレベルの問題が多いが、思考力、計算力を要する問題が多い。教科書だけでなく問題集をつかって計算力を養っておきたい。幅広い分野から出題されるため、一つでも苦手分野があると致命的である。

物理

全範囲からまんべんなく出題されるため、苦手分野の無いように

力学、電磁気、波動、熱力学から出題されている。問題のレベルはやや難しいものが多く、幅広く、かつ深い理解が必要となる。問題集を使って、計算のスピードや読解力を鍛えておきたい。

化学

時間内に解き終えるため、スピードをつけておく

理論分野は反応速度や化学平衡をはじめとする計算問題が例年出題されている。時間が短い割に問題数が多いため、スピードを意識して解いていく必要がある。無機化学はあまり出題されないが、リン、ケイ素など細かい知識が問われる。有機分野からは多く出題され、構造決定、異性体、タンパク質、糖類、油脂、合成高分子からも出題されている。構造決定の問題は同じ問題でもいいので、何度も繰り返し説いてコツをつかんでおきたい。

生物

遺伝の問題を重点的に

2010年から2科目100分となった。全問マークシート方式であるが、空所補充問題、実験考察問題、計算問題と多岐にわたるので、時間配分に注意しながら解答することが必要である。

用語を問う問題は教科書レベルの知識が問われる。実験考察問題も出題され、思考力が必要となる。

動物の反応、生殖、発生、遺伝から頻出であるため、これらの分野を徹底的に演習しておきたい。遺伝、核酸の問題は例年出題されているので理解を深めておくこと。

小論文

幅広い知識と自分の意見

医療関係の記事や時事ニュースに対して常にアンテナをはっておかなくてはならない。小論文を書き始める際、論理を形作る型を決めることも重要である。

 

出題内容


『私たちはこうして原発大国を選んだ』武田徹
『終末期医療』桜井隆 
『疾走する精神』茂木健一郎
『進化の隣人 ヒトとチンパンジー』松沢哲郎

面接

社会問題にも関心を

オーソドックスな質問にはあらかじめ答えを用意しておこう。

 

質問内容

 

  • 志望理由
  • 医者に対する自分の考え
  • 高校生活について
  • 北里柴三郎について

 

 2014年国立・私立医学部受験情報トップ

北里大学医学部案内