医学部予備校のPMD医学部専門予備校福岡

資料請求お問合せ

お電話でのご質問は092-406-7088
(受付時間 09時‐17時)

 

大分大学医学部 2014年度 受験情報|入試問題の傾向と対策

 大分大学医学部案内
2015年度 大分大学入試問題の傾向と対策

受験データ

▶ 一般入試 前期
科目
試験時間(二次)
二次
センター
難易度(二次)
形式
英語
80分
100点
100点
やや難
記述・選択
数学
80分
100点
100点
標準
記述
国語
100点
物理
2科目120分
200点
100点
標準
記述・選択
化学
標準
記述
生物
標準
記述
地公
50点
面接
10分
200点
小論文
合計
600点
450点

 

▶ 面接 前期
時間
形式
10分
個人面接(1対3)
 
▶ 合格最低点 前期
2012年度
2011年度
2010年度
730.8(1050)
758.7(1100)
716.1(1100)

 

大分大学医学部案内

2014年国立・私立医学部受験情報トップ 

傾向と対策~科目別~

 

英語

▶ 反復・対比を利用して効率よく

医学がテーマの長文が主に出題されているが、難しい語彙は注がついているため、医学系の語彙を覚える場合は最低限でよい。

 

長文総合問題

和訳、整序、内容説明が出題される。和訳の難易度はそれほど高くないが、説明問題、語句整序問題はやや難しい。直訳するとうまくいかないものが多いため、いかに日本語を言い換えるかがポイントとなる。どの設問も文脈が大いに利用できるので、前後の関係を見ながら解答しなくてはならない。

 

長文 空所補充

空所補充問題は反復・対比の関係を利用しながら解くとよい。それほど時間はかけられないため、効率よく解く訓練を行う必要がある。空所補充の問題だけを7~10年分、連続で解くとよい。

 

 

数学

▶ 証明問題に注意

標準的な問題が出題されるが、やや難しい問題も含まれる。問題によってはかなり時間がかかるものもあるので、大問3題すべてにふれられるように配慮しなくてはならない。ややレベルの高い問題集を使って、思考力と計算力を鍛えておきたい。記述式であるため、論理的な解答を作る訓練を日頃からしっかりと行っておかなくてはならない。最近では証明問題も出題されており、難しい問題であるので、証明問題を解く練習も怠らないようにしたい。

 

 

物理

▶ 基本的な公式をしっかりと理解しておく

結果だけでなく、計算過程も書かなくてはならない。論述問題や描図問題も出題されるため、問題集で対策を行う際は注意しておきたい。力学、電磁気から1題ずつ出題され、残りの一題は熱力学および原子の分野から出題されている。

難易度としてはやや難しい問題が多い。教科書の公式とその理論をしっかりと理解し、問題集で対策を行わなくてはならない。

記述式であるため、日頃から論理的な解答を作る訓練を行っておきたい。

 

 

化学

▶ 論述問題には深い知識が必要

論述問題が多く出題される。基礎的な内容でもかなり深い知識が問われるため、各事項について正確に理解しておく必要がある。ペニシリンの抗菌作用や実在気体に関する問題が出題され、難易度としてはかなり難しいと言える。『化学Ⅰ・Ⅱの新研究』などの内容の細かい参考書を読み込んで、深く、正確に原理を理解しておかなくてはならない。

理論分野は化学平衡が中心であり、電離平衡の問題は難しい。実験に関しても一つ一つの操作の意味まで理解しておきたい。

無機分野は反応式や工業的製法の知識をまとめておきたい。

有機分野は異性体や構造決定など、オーソドックスな内容ではあるが、一連の流れをまとめておさえておく。アミノ酸やタンパク質などの性質についてもまとめておきたい。

 

 

生物

▶ 時事的な話題にも注意を

医学に関連した単元が多く出題されるが、内容としては基礎的なものが多い。論述問題は難しいものもあり、計算過程まで書かなくてはならないので、スムーズに解答を作れるよう、日頃から訓練を徹底しておきたい。iPS細胞といった近年話題となった内容も出題されるため、医学、科学に関する情報が話題となったときには注目しておくとよい。

 

面接

前期        個人面接 1対3 10分

・志望動機 ・医師をめざすようになった経緯(再受験生)

・地元ではなくなぜ大分大学を受けたのか

・興味のある科

・医師にとって必要なことは何か ・医師以外の医療従事者への道は考えなかったのか

・大学で何をしたいか ・高校生活について

・最近気になったニュース ・趣味は何か ・友人は多いか、よく連絡を取り合うか

・大分県の地域的な医師不足の原因は何か

・地元の医療事情

 

大分大学医学部案内 

 2014年国立・私立医学部受験情報トップ