医学部予備校のPMD医学部専門予備校福岡

資料請求お問合せ

お電話でのご質問は092-406-7088
(受付時間 09時‐17時)

宮崎大学医学部 2014年度 受験情報|入試問題の傾向と対策

 宮崎大学医学部案内
2015年度 宮崎大学入試問題の傾向と対策

受験データ

▶ 一般入試 
前期
科目
試験時間(二次)
二次
センター
難易度(二次)
形式
英語
90分
300点
200点
標準
記述・選択
数学
90分
300点
200点
標準
記述
国語
200点
   
物理
 –
200点
   
化学
   
生物
   
地公
100点
   
面接
 ※
   
小論文
 
合計
600点
900点

 

後期
科目
試験時間(二次)
二次
センター
難易度
形式
英語
 
150点
200点
   
数学
 
200点
   
国語
 
200点
   
物理
 
200点
   
化学
   
生物
   
地公
 
100点
   
面接
15分
   
総合
90分
150点
 
合計
300点
900点

 

 

▶ 面接
前期
時間
形式
15分
個人面接(1対3)
 
後期
時間
形式
15分
個人面接(1対3)

 

▶ 合格最低点 
前期
2012年度
2011年度
2010年度
1,119(1500)
1146(1500)
1114(1500)
 
後期
2012年度
2011年度
2010年度
955(1200)
951(1200)
947(1200)

 

宮崎大学医学部案内

2014年国立・私立医学部受験情報トップ 

傾向と対策~科目別~

 

英語

▶ 特殊な形式だが問われるのは読解力

 

例年、長めの長文が1,2題出題されている。空所補充、和訳、英作文など、様々な力が問われる。英文は標準的で読みやすいものであるが、設問によっては解答が難しい問題もある。文法知識を問う問題も多数出題されているが、文法問題を解くならば構文を意識するとよい。自由英作文をふくめ、読解問題を素早く解くには、かなりの訓練が必要であるので、普段の演習では構文と意味を予測しながら読み、辞書はその都度確認程度に使用すると良い。

1つの文章につき計50回ほど音読するようにしていれば、3か月後に実力差はかなり開くことになる。

 

数学

▶ 答案作成の訓練を

 

標準的な問題であるが、微積分の分野で計算量が多く、難しい問題が出題されることがある。求められる知識は基礎的なものであるため、計算力・思考力を鍛えるように問題演習を繰り返しておく。全問記述式であり、一題につきB4の用紙1枚が配布される。日頃から論理的な解答をスピーディにつくることを意識しておくとよい。

 

 

 

総合

▶ 医学や自然科学に関する思考力が問われる

 

難しい問題ではあるが、重視されているのは知識ではなく、思考力である。環境科学、生化学など他分野にわたるが、論述の訓練や計算問題の練習を行っておくとよい。ブルーバックスなどの書籍も思考力を鍛える訓練として読んでおきたい。

 

 

小論文

▶ 医学に限らず、幅広い知識を

 

課題文が与えられ、内容説明(200字)、意見論述(600字)が出題される。

 

出題内容

「メランコリー型社会」の問題点

「倫理的な力の強さ」について

テレビが子どもの発達に与える影響

人口減少が経済や社会に与える影響

「泣く」ことの意味

「満足死」とはどのようなものか

 

 

面接

前期        個人面接 1対3 15分

・自己アピール

・大学の志望理由

・医師をめざす理由

・10年後、20年後の自分

・臨床医か研究医か

・宮崎に残るか

・入学したら何をしたいか

・得意科目、不得意科目 ・事前に提出した自己推薦書に基づく質問

 

 

後期        個人面接 1対3 15分

・なぜ宮崎大学を選んだか

・なぜ医師を志したのか

・医師以外でも人の役に立てると思うが、なぜ医師なのか

・宮崎に残る気はあるか

・どんな医師になりたいか

・医師として必要な能力(1つ)

・センター試験のでき

・なぜ前期試験に落ちたか

・なぜ地元の大学には行かないのか

・この試験に落ちたらどうするのか

・現在の医療の問題点、その対策

・調査書について

・趣味は何か

・自己アピール(2分)

・再受験の経緯

 

 

宮崎大学医学部案内

 2014年国立・私立医学部受験情報トップ