医学部予備校のPMD医学部専門予備校福岡

資料請求お問合せ

お電話でのご質問は092-406-7088
(受付時間 09時‐17時)

岡山大学医学部 2014年度 受験情報|入試問題の傾向と対策

 岡山大学医学部案内
2015年度 岡山大学入試問題の傾向と対策

受験データ

▶ 一般入試 
前期
科目
試験時間(二次)
二次
センター
難易度(二次)
形式
英語
120分
400点
200点
標準
記述・選択
数学
120分
400点
200点
標準
記述
国語
 
200点
   
物理
2科目120分
400点
200点
標準
記述
化学
標準
記述・選択
生物
やや難
記述
地公
100点
   
面接
 
   
小論文
 
合計
1200点
900点

 

後期
科目
試験時間(二次)
二次
センター
難易度
形式
英語
 
200点
   
数学
 
200点
   
国語
 
200点
   
物理
 
200点
   
化学
   
生物
   
地公
   
100点
   
面接
 
400点
   
小論文
 
400点
 
合計
800点
900点

 

 

▶ 面接
前期
時間
形式
10分
個人面接(1対3)
 
後期
時間
形式
20分
個人面接(1対3)

 

 

▶ 合格最低点 
前期
2012年度
2011年度
2010年度
1730(2100)
1675.2(2100)
1663.4(2100)
 
後期
2012年度
2011年度
2010年度
1420.6(1700)
1375.8(1700)
1425(1700)

岡山大学医学部案内

2014年国立・私立医学部受験情報トップ 

 

傾向と対策~科目別~

 

英語

▶ 説明問題対策には要約の訓練を

読解問題2題、英作文2~3題が出題される。

 

読解問題

説明問題が中心となって出題される。2011年以前は和訳問題も出題されていたが、2012年は英訳問題、2013年は説明問題に加え、内容の理解を問う選択問題があるのみとなった。説明問題の対策には、要約の方法論を学んでおくとよい。要点を読み取り、日本語でまとめ上げる能力が問われている。また、和訳問題の代用とも言える、構文が複雑な箇所の説明が求められていることもある。一文一文を読み飛ばすことなく正確に把握していく、精読の訓練が重要になってくるだろう。

 

下線部英訳

下線部英訳のポイントは、いかに日本語をやさしく噛み砕くかということであるが、岡山大学の英訳問題は適切な文法・語彙さえ選べばよいものが多い。難易度は低いので、確実に得点しておかなくてはならない。

 

自由英作文

短い英語の文章を読み、自分の考えを10行程度の英語で述べるという形式で出題される。2013年度は「自分の故郷のものを紹介する」、2012年度は「携帯電話の悪い点」、2011年度は「余分なお金をすべて募金すべきか」といったテーマが出題されている。自由英作文であるが、比較的短いものであるため、内容よりも正確な英文を書くことを意識するとよい。

 

 

数学

▶ 証明問題の対策を

証明問題が必出であるため、教科書レベルの証明問題はパターンをおさえ、正確に理解しておきたい。やや難しい問題も含まれるが、大問4題とも誘導形式であるため、まったく手が出ないということはない。出題者の意図を読み取り、誘導を利用しながら解けばかなり解きやすくなる問題が多い。かなりの計算力を必要とする問題も出題されるため、日ごろの演習で計算力を磨いておきたい。

 

 

物理

▶ 描図問題の訓練を

教 科書レベルの問題が出題され、難問は出題されない。基本事項を確認する良問が多い。答えのみを記述する形式のときもあるが、途中式を求められる場合もある ため注意しておきたい。描図問題は例年必出であるため、問題集や教科書でしっかりと練習を積んでおかなくてはならない。試験時間が短いので、計算や論述問 題を素早く解くように日ごろから意識しておきたい。

 

化学

▶ 有機分野は参考書で理解を深める

計算問題は結果のみを記せばよいが、空所補充、論述、反応式の記述などの形式で出題される。標準レベルの問題が多いが、教科書範囲を超えた知識が出題されることもある。参考書を利用して、各単元の理解を深めておきたい。

理論分野は化学平衡、気体の状態方程式、混合気体、溶液の濃度など、化学Ⅱの範囲も含めてまんべんなく出題される。

無機分野は金属イオンや気体の発生が中心となるが、工業的製法が教科書に記載されているものは好んで出題されている。出題は理論分野と組み合わされて出題されることが多い。

有機分野は構造決定の対策をしっかりと行っておかなくてはならない。マルコフニコフ則やザイチェフ則などの教科書範囲を超える法則についても参考書を用いて理解を深めておきたい。

 

 

生物

▶ 論述対策を徹底的に

動物の反応、遺伝、タンパク質が多く出題されている。

教科書レベルの知識が問われるが、論述問題で要求される知識は幅広く、深いものが必要である。参考書にまで手を出す必要はないが、教科書レベルの知識は一つも穴がないよう完全なものとしておきたい。字数制限はないが、論理的にまとめることを意識して、問題集を使って訓練しておかなくてはならない。

計算問題、描図問題は、まずその問題の元となる知識を正確に理解し、問題を解く練習をしよう。

 

 

小論文

医学・医療をテーマにした課題文型、図表読み取り型の小論文がそれぞれ600字で出題される。

 

出題内容

「臓器移植に関する偽装や臓器売買について」

「外来患者の満足度のアンケート結果について」

「公共の場で医師であると名乗り出ることについて」

「こどもの発育におけるテレビの影響について」

「印刷媒体と電子媒体の各情報について」

「女性医師の現状と問題点について」

 

面接

前期 10分 個人面接 1対3

・大学に入ってから何をしたいか

・入学して、医学の勉強以外で一番やりたいこと、身に付けたい能力

・将来何科に進みたいか

・10年後の自分は何をしていると思うか

・医師でなければどんな仕事をしたいか

・ボランティアをしてみないか

・東日本大震災で何を感じたか

・この一年で気になったニュース

・医療関連のニュースで気になったもの

・笑いの医学的効能について

・国民皆保険の良いところ、悪いところ

・介護保険制度の利点、欠点を挙げた自分の意見

・臓器移植法の良くない点

・認知症の身内、または担当患者がガンであると判明したとき、手術を受けるか否かの決定をどのようにするか

・認知症の身内、または担当患者で心臓移植の必要な人がいたら、手術をさせるか

・コミュニケーション能力を向上させる方法

・調査書の内容について

・理想の医師像

 

後期 20分 個人面接 1対3

・医学部志望理由

・なぜ理学部などをめざさなかったのか

・理想の医師像

・医学部を卒業して10年後、具体的にどのような医師になっているか

・医師をめざした一番のきっかけ

・尊敬する人物

・東南海・南海大地震が発生した場合、関西や岡山県の医療はどう対処すべきか、また自分が岡山大学病院に勤務していた場合何をするか

・低侵襲医療とはどのようなものがあるか

岡山大学医学部案内

2014年国立・私立医学部受験情報トップ