医学部予備校のPMD医学部専門予備校福岡

資料請求お問合せ

お電話でのご質問は092-406-7088
(受付時間 09時‐17時)

日本医科大学 2014年度 受験情報|入試問題の傾向と対策

日本医科大学案内
2015年度 日本医科大学入試問題の傾向と対策

受験データ

一般入試

科目 試験時間 得点 難易度 形式
英語 90分 300点 標準 記述・選択
数学 90分 300点 やや難 記述・穴埋
物理 2科目120分 400点 標準 穴埋
化学 やや難 記述・選択
生物 標準~やや難 記述・選択
小論文 60分 課題文型600字

 

面接

時間 形式
40分 グループ討論
10分

個人面接

 

最低合格点

非公開

2014年国立・私立医学部受験情報トップ

日本医科大学案内

傾向と対策~科目別~

英語

記述問題を中心に対策

長文読解問題
和訳問題は基本的な構文からやや難しい構文を含む問題が出題される。普段英文を読むときから構文を意識した読解を心がけたい。
空所補充や選択問題で必要となるのは、論理構成を把握する力であるが、内容の反復や対比を考えて解いていくとよい。

英作文
和文英訳は短めの文を英訳する。基本的な文法事項が理解できていれば容易な問題ではあるが、差がつきにくい問題であるため、ミスの無いように注意したい。

数学

ハイレベルな問題集で演習を

標準的な問題から、やや難しいものが出題される。読解力が問われる問題や、計算力が問われる問題が多いため、スピードを意識した訓練を積んでおかなければならない。融合問題が多く出題されるため、形式に慣れるために過去問は手に入るだけこなしておきたい。

物理

苦手分野をなくしておく

基本的な問題が多く難問は出題されない。幅広く出題されるため、苦手な単元を1つでも持っていると致命的となる。一つ一つの問題の配点が高いため、ケアレスミスをしないよう注意しなくてはなたらない。

化学

論述問題に注意

標準的な問題が多いが塩と弱酸のpHや圧平衡定数なども問われる。
無機分野は陽イオン分析、酸と塩基の分類や検出反応の知識が問われる。
有機反応は難しいものが多いが、エステル合成実験の還流装置やアミノ酸の配列の問題まで出題さえるため、応用力が問われる。
理論分野でもCODの問題など、問題集でやや難しいものにも積極的に行動しておきたい。

生物

実験考察問題に注意

大問3題からなっている。論述問題や図やグラフに関する問題も出題される。様々な分野から、複合的な問題が出題されるため、生物の全範囲の学習が必要である。

標準的なレベルの問題が多いが、丸暗記では通用しない。論述問題に関しては、生物用語を正確に覚えて意味を理解し、まとめる練習をしておくとよい。論理構成力や読解力が必要となる。

また、実験考察問題の難易度が高いため、過去問及び問題集で解き方を身に付けておきたい。

小論文

医療関連の知識を蓄えておく

医療に関連した本を読み、知識を蓄えておく。かなりの知識が問われるため、新書の興味があるものから読み通しておくとよい。

 

出題内容


『「夜更かし」の脳科学』押山潤
『隔離される身体』市野川容孝
『医療における偏見』
『医学を変えた発見の物語』
『経済の現状に即した効率的な医療』
『医学的正義』

面接

討論形式の練習を

一人ひとりが与えられたテーマについて発表し討論に入る。
個人面接は基本的な質問が多いのでしっかり準備しておくこと。

 

質問内容


個人面接

  • どういう医師になりたいか
  • 志望の理由(大学・医師)
  • 家族構成
  • 医師を目指す経緯
  • 高校時代にがんばったこと
  • 得意科目
  • 調査書に書いたことについて
  • 討論の感想
  • 大学に入ったら何をがんばりたいか
  • 苦手な人にはどう接するか
  • 患者ががん告知を望まないときどうするか
  • 死にたいという患者に対してどうするか

集団面接

  • 日本には医師が足りないか、余っているか
  • あなたにとっての成功とは
  • 夢とお金がつりあわないとき、どちらをとるか
  • プライマリケア医と専門医の区別と関連について
  • 医師という仕事と私生活のバランスをどのようにとるか
  • 食文化の変化に対する功罪について
  • 報道の自由について
  • 原子力発電について
  • 裁判員制度について
  • 経済発展と環境保護のどちらを優先させるか

 2014年国立・私立医学部受験情報トップ

日本医科大学案内