医学部予備校のPMD医学部専門予備校福岡

資料請求お問合せ

お電話でのご質問は092-406-7088
(受付時間 09時‐17時)

日本大学医学部 2014年度 受験情報|入試問題の傾向と対策

日本大学医学部案内
2015年度 日本大学入試問題の傾向と対策

受験データ

一般入試

科目 試験時間 得点 難易度 形式
英語 75分 100点 標準 記述・選択
数学 75分 100点 標準~やや難 穴埋
物理 2科目120分 100点 標準 マーク
化学 標準 マーク
生物 標準 マーク
小論文 60分 課題文型型800字
適正検査 80分

 

面接

時間 形式
約10分×2回 個人面接

 

最低合格点

2012年度 2011年度 2010年度
234.2(400) 233.6(400) 233.3(400)

2014年国立・私立医学部受験情報トップ

日本大学医学部案内

傾向と対策~科目別~

英語

医学関連の語彙を身に付けておく

大問1
文法・語彙問題、空所補充問題。熟語や文法の基本的な知識を問う問題。

大問2
文法・語彙問題。誤り指摘。名詞や時制のルールに従えば、解ける問題が多い。時折難問もみられるため、時間配分に注意したい。

大問3
文法・語彙問題、空所補充問題。細かい語彙の知識を問う問題が出題される。わからなければ直感に頼って次に進むという姿勢も大切である。

大問4
会話文、読解問題。会話特有の論理をつかむ能力を磨いておきたい。過去問で正解の選択肢と間違いの選択肢の感覚を把握しておこう。

大問5、6
長文、空所補充、内容一致。
標準的な文章が出題されるが、日頃から英文の音読を心がけたい。構文を把握しながら音読をくりかえすのが、英文読解の王道である。

大問7
スペリング問題。ヒントに従って、英単語のスペルを記入する問題。さほど難易度の高い単語は出題されないが、単語を覚える際に、スペルと発音を意識して覚えていないと、苦労することになる。

大問8
自由英作文30~40語。短めの自由英作文であるため、英作文の型を用意しておくとよい。譲歩、主張、結論、を述べるとすぐに字数に達するはずである。

 

数学

スピードを意識した計算を

教科書レベルの問題であるが、かなりの計算力を要する問題が出題される。短時間の間に解かなくてはならないので、スピードを意識して、要領よく解かなくてはならない。微積分の問題が必出であるが、幅広い分野から出題されている。

物理

出題範囲が広い。苦手分野は無いように

標準的なレベルの問題が多い。幅広い分野から出題されるため、教科書や参考書で知識の抜けが無いように徹底的に理解しておきたい。応用問題はさほど出題されないが基礎をしっかりと固めておけば解ける問題である。

化学

スムーズに計算できるように訓練を

教科書レベルの問題がほとんどだが、計算力、考察力をつけるために問題集を1冊仕上げてほしい。理論分野は化学平衡などから出題され、有機分野との融合問題として出題されることもあるので、演習を徹底しておかなければ、失点の原因となる。
無機分野も多く出題され、気体、金属イオン、反応式、工業的製法はそれぞれ頭に入れておかなくてはならない。
有機分野は官能基の性質や構造決定の問題が頻出である。アミノ酸やタンパク質の知識もしっかり整理しておかなくてはならない。

生物

図説で知識を深める

大問5題からなっており、全てマークシート方式の出題である。標準的な問題が多い。動物の反応、遺伝などが多く出題されている。また、分類・進化などの生態系からの出題も多いので押さえておきたいところである。

基本的、標準的な内容の出題が多いので、まずは教科書レベルの知識は完全にマスターし、さらに理解を深めるために図説を利用するとよい。

計算問題も出題されるため、問題集でしっかりと訓練を積んでおきたい。

小論文

幅広い知識と自分の意見

医療関係の記事や時事ニュースに対して常にアンテナをはっておかなくてはならない。小論文を書き始める際、論理を形作る型を決めることも重要である。様々なテーマの課題文が出題されるが、いかに医療・医学と関連付けて答えるかがポイントとなる。

 

出題内容


『1秒も無駄に生きない 時間の上手な使い方』岩田健太郎
『コミュニケーションの日本語』森山卓郎
『徒然草』吉田兼好
『美しい日本語のすすめ』坂東真理子

面接

基本的な質問には準備をしておく

小論文の試験が終わった後、面接カードに記入し、第一会場で一度目の面接が行われる。一度目は志望理由などの基本的な質問が行なわれる。第二会場では小児科医や産婦人科医が減少していることについてどう思うか、といったことが質問される。

 

質問内容


第一会場

  • 志望理由(大学・医師)
  • 理想の医師像
  • 高校での活動状況
  • 高校での部活動について
  • 併願校について
  • 自己PR
  • 自分のどこが医師に向いているか
  • 興味のある分野・ニュース
  • 最近の少年犯罪について、なぜ簡単に人を殺すのか
  • ストレスや落ち込んだときの解消法

第二会場

  • 小児科医、産婦人科医の減少について
  • ホスピスについて
  • リビングウィルとはなにか
  • 医師が持つべき倫理観について
  • 医者になるとあまり家にいる時間が取れないが医療と家族どちらを重視するか
  • 患者の家族が宗教上輸血をしないでくれといったらどうするか
  • 医療ミスの防ぎ方、訴えられたらどうするか
  • 友人医師の医療ミスを黙っていてくれといわれたら医師としてどうするか
  • 今後の日本経済はどうなるか

 2014年国立・私立医学部受験情報トップ

日本大学医学部案内