医学部予備校のPMD医学部専門予備校福岡

資料請求お問合せ

お電話でのご質問は092-406-7088
(受付時間 09時‐17時)

杏林大学医学部 2014年度 受験情報|入試問題の傾向と対策

杏林大学医学部案内
2015年度 杏林大学入試問題の傾向と対策

受験データ

一般入試

科目 試験時間 得点 難易度 形式
英語 60分 100点 やや難 マーク
数学 60分 100点 標準 マーク
物理 2科目 100分 150点 標準 マーク
化学 標準 マーク
生物 標準~やや難 マーク
小論文 60分 テーマ型800字
 

面接

時間 形式
約10分 個人面接
 

最低合格点

2012年度 2011年度 2010年度
214(350) 247(430) 300(430)

杏林大学医学部案内

2014年国立・私立医学部受験情報トップ

傾向と対策~科目別~

英語

時間配分を決めておく。日頃から筆者の主張を意識して長文を読む

長文読解
空所補充、内容説明の形式で問われる。医学・医療をテーマとした文章が好んで出題される。そのため、語彙レベルが高くなるものもあり、全体的な難易度は上がる。筆者の主張を読み取る問題が好んで出題されている。構文から主張と判断できるものや、テーマを正確に読み取る読解法を身に付けておきたい。

大文法・語彙問題(空所補充)
文法に関しては基礎的なものが多いが、熟語や前置詞の知識はやや難しいものもあるため、参考書や問題集を使ってしっかりと演習しておきたい。 推薦図書「ハイベーシック英熟語」永田達三

会話文
会話表現よりも文法的な知識が問われる。会話における論理性をつかむことを意識して解いていきたい。

文法・語彙問題(誤り指摘)
文法・語法・慣用表現の知識が問われる。難問は無いが、問題数が多いためここでの失点は避けたい。誤り指摘の形式に慣れるため、問題集を使って短期間に集中して練習するとよい。

数学

とにかくスピードを上げる

試験時間と問題の量を考えると、かなりのスピードで解かなくてはならない。標準的な問題がほとんどで難問は出題されないため、些細なミスが命取りとなる。正確かつ迅速な計算力をつけるために、普段から時間を意識して訓練を行っておかなくてはならない。 微積分、三角関数、2次曲線から中心に出題されるため、重点的に対策を行っておきたい。

物理

問題に優先順位をつけスピーディに

試験時間に対して問題量が多いため、スピードを意識して解かなくてはならない。例年、力学、波動、電磁気、熱力学から出題されている。標準的な問題であるが、難問も含まれる。時間配分と共に、問題を解く優先順位も判断できるようにしておきたい。

化学

問題量が多く基礎的。スピードが必要だが、正確に

標準的な問題がほとんどであるが、やや難しい問題も含まれる。全分野から幅広く出題されているため、教科書レベルの知識は確実におさえておく必要がある。反応速度や化学平衡を出題されているため、入試問題集を繰り返し解き、解法を頭に入れておかなくてはならない。

生物

教科書~図説レベルの実験は頭に入れておく

全問マークシート方式である。医学部の生物は内容が偏りがちであるが、杏林大学では全範囲からまんべんなく出題される。動物の反応からの出題が多い。

内容としては基本的な内容が多いが、やや難しい問題も出題されるため、教科書や参考書で繰り返し訓練し、短時間の間で解くスピードを身に付けたい。

知識的な問題に関しては図説を使った学習が効果的である。

小論文

幅広い知識と自分の意見

医学系のテーマであっても馴染みやすいものが多い。医学関連の用語をおさえ、自由に使いこなせるようになっておくことが重要。医学関連以外のテーマ多く出題されているため、新聞やニュースなどで、知識を蓄えておきたい。


出題内容


「iPS細胞」
「環境破壊」
「病院内での喫煙」
「生活習慣と病気」

面接

基本問題はあらかじめ答えを用意しておく

事前のアンケートをもとに面接が行われる。
アンケートを元に質問が行われるため、あらかじめ答えを要約してくこと。

 

質問内容

 

  • 併願校について
  • 部活動について
  • 調査書に書いたことについて
  • 大学に入って何をしたいか
  • ニュースは見ているか
  • 高校の後輩に伝えたいことはあるか
  • 家について、父親の仕事について
  • どんな医師になりたいか
  • 医学と医療の違い
  • 出身校について
  • 医療事故について
  • センター試験の出来
  • 将来の進路、どの科に進みたいか
  • 高校での出欠席について
  • 自分の性格について
  • 地元大学を選ばない理由。杏林大学を選んだ理由。
  • 将来の希望(臨床医か、研究医か)
  • 杏林大学の印象
  • 併願校、併願校の合否状況、第一志望はどこか
  • 出身高校、高校生活について
  • 学生生活で印象に残ったこと
  • 今まで一番つらかったこと、思い出
  • 部活動歴、自分がやっている競技の魅力
  • 部活動などで自分の意見が通らなかったときにはどうするか
  • 初対面の人と話すのは得意か

 

杏林大学医学部案内

 2014年国立・私立医学部受験情報トップ