医学部予備校のPMD医学部専門予備校福岡

資料請求お問合せ

お電話でのご質問は092-406-7088
(受付時間 09時‐17時)

東京慈恵会医科大学 2014年度 受験情報|入試問題の傾向と対策

東京慈恵会医科大学
2015年度 東京慈恵会医科大学入試問題の傾向と対策

受験データ

一般入試

科目 試験時間 得点 難易度 形式
英語 60分 100点 やや難 記述・選択
数学 90分 100点 標準 記述・穴埋
物理 2科目120分 200点 やや難 記述・穴埋
化学 標準 記述・穴埋
生物 標準~やや難 記述・選択
 

面接

時間 形式
約10分 個人面接
約50分 グループ面接
 

最低合格点

2012年度 2011年度 2010年度
53.7% 61.8% 62.5%

 

東京慈恵会医科大学

2014年国立・私立医学部受験情報トップ

傾向と対策~科目別~

英語

高い語彙力が必要

大問1
発音問題。センター試験用の発音問題対策の参考書などで対策をしてもよいが、発音問題ではあまりみかけないような単語が出されているため、対策の優先順位は低くしておく。

大問2、3
文法語彙問題。空所補充。ここで問われる語彙はかなり難問が含まれている。予測も難しいため、分からないと判断したら時間をかけずに次に進みたい。

大問4
文法語彙問題。語句連結による英文の完成。ここでも求められるのは語彙力である。慣用表現としてはマニアックなものも出題されるが、単語の意味が分かればそこから関連性を見いだすことができる。

大問5
文法語彙問題。正文指摘問題。難易度は標準的なものが多いが、高い文法力と語彙力が求められる。
読解問題。科学をテーマにした長文が出題されるが、語彙レベルが高いものが多いので、単語・熟語の知識を強化しておかなくてはならない。
慣用表現の中には、一般的な単語・熟語帳に記載されていないものもあるため、自分で書店で選ぶ際にじっくり中を確認するとよい。

大問7
英作文。基本的な構文・熟語を利用して書くものがほとんどであるため、語彙力をしっかり養っておけば書きやすい。

数学

ハイレベルな問題も解きなれておく

全範囲から出題されているが、微積分が毎年出題されており、重点が置かれているため、毎日訓練しておかなくてはならない。
不等式の証明や確率、数列、ベクトルからも出題されている。
問題の出題意図をよく理解して、誘導にしたがって解かなければ、難しい問題が多い。
標準レベルの問題が中心であるため、市販の問題集をしあげるとよい。

物理

時間配分を考え、取捨選択を

力学、電磁気は頻繁に出題されているため、エネルギー保存則や、静電界に関する出題が多い。標準的な問題が中心だが、難問も含まれる。難問は解けるのが理想ではあるが、難しそうなものは後回しにするとよい。時間配分を考えながら解くことが点数アップの秘訣である。

化学

ハイレベルな問題演習を

計算問題が多く出題され、難易度は標準的であるが、計算に時間を要するものが多い。
難しい問題は後回しにし、時間配分に気を付けなくてはならない。
理論分野は化学平衡や反応速度の問題は難度が高いため徹底的に理解しておきたい。
無機分野はややマニアックな知識も問われるため、細かい部分にまで目を通しておきたい。有機分野は構造決定を中心に、各有機化合物の反応・合成・性質を正しく理解しておきたい。
アミノ酸や、天然高分子化合物についても出題されるため、注意が必要である。

生物

図説を使って幅広い知識を

教科書的な知識を問う問題がほとんどであるが、動物の反応や遺伝の知識は深いところまで問われる。分類・進化が含まれる生態系からの出題も多いので、押さえておきたいところである。

説明問題が出題されるため、生物用語は正確に理解し、自分の言葉でまとめる練習を繰り返しておくとよい。実験問題に関しては教科書にでてくる実験に関しては、実験の意図や結果からの考察の要因を細かく理解しておきたい。

また、遺伝子やDNAなどの遺伝分野においては最新のトピックスにも目を通し、理解しておくと良いだろう。

面接

基本的な質問にはあらかじめ答えを。グループ面接の練習も必要

個人面接では志望理由などの基本的なことが聞かれるので、あらかじめ答えを考えておく。
グループ面接は試験管からテーマを伝えられたのち、数分時間が与えられる。その後一人ずつ意見を発表し、面接官から質問を受ける。医療関連のテーマがメインなので関連知識を深めておく必要がある。

 

質問内容


個人面接

  • 志望の理由(大学・医師)
  • 医師の資質としての自分の長所・短所
  • 大学入学後何をしたいか
  • 併願校と合否
  • 高校生活で最も印象に残ったこと
  • 卒業後地元に戻るか
  • グループで勉強するのと個人で勉強するのではどちらがすきか
  • 最近気になるニュース
  • 試験・グループ面接の出来
  • 印象に残った本、好きな本、嫌いな本、作家、今後読みたい本
  • 出身高校について

集団面接

  • 医師の偏在の改善策
  • 介護ロボット導入の是非
  • ニート、フリーター等の格差問題について
  • リーダーに必要な資質は何か、またリーダーになりたいか
  • 「病気を診ずして、病人を診よ」について
  • 強い憤りを感じるのはどういうときか、またその理由は
  • 小児の臓器移植について
  • 人間の脳とコンピューターの違い
  • 出血量の多い患者が3人運ばれてきたが、輸血用血液が2人分しかないときどうするか

 

東京慈恵会医科大学

 2014年国立・私立医学部受験情報トップ