医学部予備校のPMD医学部専門予備校福岡

資料請求お問合せ

お電話でのご質問は092-406-7088
(受付時間 09時‐17時)

産業医科大学 2014年度 受験情報|入試問題の傾向と対策

産業医科大学案内
2015年度 産業医科大学入試問題の傾向と対策

受験データ

一般入試

科目 試験時間 得点 難易度 形式
英語 100分 200点 やや難 記述
数学 100分 200点 記述・穴埋
物理 2科目100分 200点 やや難 記述
化学 標準~やや難 記述・穴埋
生物 標準~やや難 記述・選択
小論文 120分 50点 課題文型600字

 

面接

時間 形式
約20分 個人面接

 

最低合格点

2012年度 2011年度 2010年度
226(300) 380(500) 378(500)

産業医科大学案内

2014年国立・私立医学部受験情報トップ

傾向と対策~科目別~

英語

説明問題・和訳問題に重点。日本語を書く訓練を

大問1
長文読解。空所補充。選択肢が無く、自分で単語を考えて空所を埋める問題であるため難しく感じるが、入れる単語は簡単なものである。品詞や関係詞の修飾関係を意識して解いていく必要がある。

大問2、3
長文読解。和訳・説明問題・内容一致。内容一致は比較的簡単な問題だが、説明問題の数が多いため対策が必要である。日本語を書く練習を重ねておく必要がある。
推薦参考書 佐藤ヒロシの英語長文「記述式」が面白いほどとけるスペシャルレクチャー

大問4
自由英作文(100語)。地球温暖化やアニメの海外人気などテーマは幅広い。英語を論理的に書く型をつかむ必要があるが、まずは文法的に正しい文を書くことを心がける。
推薦参考書「減点されない英作文―大学受験」河村 一誠 著

数学

微分積分・図形と方程式を重点的に

計算量が多いため、時間内に解き終えるには訓練が必要である。微分積分・図形と方程式の分野からの出題頻度が高いが全分野にわたって総合的な力が必要となる。普段からスピードを意識して解くことを心がけ、難問に時間を割けるようにしたい。

物理

標準的な問題だが、計算にスピードを要する

大問1、2
記述式。力学、熱力学、電磁気などより出題。教科書レベルの基本的な問題ではあるが、時間が短いため問題を見て瞬時に解法を考える力が必要となる。

大問3
小問集合。全範囲から出題され、幅広い知識が問われる。

化学

スピードを意識した訓練を

時間が短いため効率よく解くことを心がける。計算問題は難問も多く、市販の問題集でパターンを網羅しておく必要がある。化学平衡の正しい理解や理論分野に関する考察力が問われる。有機の構造決定では総合的な知識が問われるため、問題を解く練習を何度も繰り返しておくとよい。無機分野は簡単なものしかされないが、確実に得点することがポイントとなる。

生物

論述問題が中心。実験・図の正しい理解を

試験時間が短いため、いかに効率良くかがポイントとなる。動物の反応、タンパク質と生物体からの出題が比較的多い。

産業医科大学の出題の特徴の一つでもあるが高校レベル超えの内容を分析させる問題があったり、入試で初めて見るようなグラフが出題されることも多いため、与えられた情報から解答を導けるような分析力と思考力を養っておきたい。

論述問題は書いて練習しなければ力がつかないため、問題集などで練習を繰り返し、同じ問題を何度も解いて、書き方の型を身に着ける必要がある。描図問題は教科書に掲載されているものを自分の力で再現する練習をする。この時に大切なのは考えることなので、単純作業で終わらせず、注意深く問題の意図を理解して解いていく必要がある。

小論文

幅広い知識と自分の意見

課題文型の小論文。課題文には医療・医学以外のテーマも取り上げられる。時事ニュースは話題性の高いものを優先して目を通し、各ニュースについて自分の意見を形成するようにしたい。

 

出題内容


『未曽有と想定外 東日本大震災に学ぶ』畑村洋太郎
『医師のためのパフォーマンス学入門』佐藤綾子
『うなぎと山芋』丸谷才一
『寡黙なる巨人』多田富雄
『何のために働くのか』北尾古孝

面接

なぜ産業医なのか

「なぜ産業医をめざすのか」「産業医をどこで知ったか」など、産業医への理解・適性が問われる。質問の意図をしっかりと読み取って答えていきたい。

 

質問内容 参考:杏林大学

 

  • 志望理由(大学、医師)
  • 併願校について
  • 部活動について
  • 調査書に書いたことについて
  • 大学に入って何をしたいか
  • ニュースは見ているか
  • 高校の後輩に伝えたいことはあるか
  • 家について、父親の仕事について
  • どんな医師になりたいか
  • 医学と医療の違い
  • 医学部の経済的負担について
  • 出身校について
  • 医療事故について
  • センター試験の出来
  • 将来の進路、どの科に進みたいか
  • 高校での出欠席について
  • 自分の性格について
  • 地元大学を選ばない理由。大学を選んだ理由。
  • 将来の希望(臨床医か、研究医か)
  • 大学の印象
  • 併願校、併願校の合否状況、第一志望はどこか
  • 出身高校、高校生活について
  • 学生生活で印象に残ったこと
  • 今まで一番つらかったこと、思い出
  • 部活動歴、自分がやっている競技の魅力
  • 部活動などで自分の意見が通らなかったときにはどうするか
  • 初対面の人と話すのは得意か

 

産業医科大学案内

 2014年国立・私立医学部受験情報トップ