医学部予備校のPMD医学部専門予備校福岡

資料請求お問合せ

お電話でのご質問は092-406-7088
(受付時間 09時‐17時)

鹿児島大学医学部 2014年度 受験情報|入試問題の傾向と対策

 鹿児島大学医学部案内
2015年度 鹿児島大学入試問題の傾向と対策

 

受験データ

▶ 一般入試 
前期
科目
試験時間(二次)
二次
センター
難易度(二次)
形式
英語
90分
200点
200点
標準
記述・選択
数学
120分
200点
200点
標準
記述
国語
200点
 –
 –
物理
各90分
200点
200点
標準
記述・穴埋
化学
標準
記述
生物
標準
記述
地公
100点
 –
面接
10分
120点
 –
小論文
合計
720点
900点

 

後期
科目
試験時間(二次)
二次
センター
難易度
形式
英語
 –
200点
 –
 –
数学
 –
200点
 –
国語
 –
200点
 –
物理
 –
200点
 –
化学
生物
地公
 –
100点
 –
面接
10分
120点
小論文
90分
200点
合計
320点
900点

 

▶ 面接 
前期
時間
形式
10分
個人面接(1対3)
 
後期
時間
形式
10分
個人面接(1対3)
 

 

▶ 合格最低点 
前期
2012年度
2011年度
2010年度
1359(1670)
1315(1670)
1301(1670)
 
後期
2012年度
2011年度
2010年度
1058(1270)
1033(1270)
961(1270)

 

鹿児島大学医学部案内

2014年国立・私立医学部受験情報トップ 

傾向と対策~科目別~

 

英語

▶ 文法の基礎を固めておく。

 

読解

あまり難しい文章は出題されていない。複合関係詞(wherever)など基礎的な文法事項の知識が問われている。説明問題も標準的な難易度である。堅実に構文把握と音読の訓練を行っておけば難しい問題ではない。

 

文法

基本的な問題が出題される。問題集を一冊仕上げておく。

 

英作文

短文和訳は基礎的な文法知識があれば書きやすい問題である。

自由英作文はテーマによっては書きづらいことがあるかもしれないが、文法的なミスで失点しないよう注意したい。

 

 

数学

▶ 答案作成の訓練を。

 

全問記述式であるため、答案作成の訓練を日頃から重視しておきたい。本番では、B4の白紙が1題につき1枚配布される。

標準的な問題が主であり、難しい問題の場合も誘導が施してあるため、手も足も出ないということはない。教科書レベルの基本事項をおさえ、問題集を用いて繰り返し演習を行っておくとよい。

論理的な解答をスムーズに組み立てることができるように、思考力と計算力を磨いておかなくてはならない。

 

 

物理

▶ 描図問題に注意。

 

力学、電磁気、波動、熱力学から各一題ずつ出題される。難易度としては教科書レベルから標準レベルまでであり、解きやすい問題である。教科書の基礎事項をしっかりと理解し、問題集を用いて知識を定着させる。描図問題は形式に慣れるため、過去問演習に力を入れて行っておくとよい。

 

 

化学

▶ 化学平衡の計算問題をこなしておく

 

教科書レベルの問題が出題されるが、試験時間が短いため、時間内に解き終わるよう、問題の処理速度を上げておく必要がある。

理論分野は実験の問題がよく出題されているため、総合的な力が必要となる。化学平衡の計算問題が頻出であり、根本的な理解を固めておきたい。

無機分野においても基本的な知識しか問われないので、ここで時間を確保しておきたい。

有機分野では構造決定の問題が出題されている。各化合物の呈色反応や、性質を自分で知識を整理しながら、まとめを作成するとよい。

 

 

 

 

生物

▶ 遺伝の知識を整理する

 

大問4題となっている。出題範囲が広いため、網羅的な知識を必要とする。

その中でも遺伝に関する問題は難度がやや高くなっており、教科書に無い知識が問われることもあるため、図説を使って理解を深めておきたい。

論述問題は毎年頻出であるため、解答をつくり上げる訓練を積んでおきたい。難易度は標準的で比較的解きやすいものが多い。

 

小論文

▶ 課題文型。医学系の知識を要する。

 

医学的知識がテーマの課題文から出題される。エピジェネティクスやアグーチ遺伝子など、専門用語を用いて説明しなくてはならない問題が出題されている。

 

出題内容

『迷惑な進化 病気の遺伝子はどこから来たのか』シャロン・モレアム/ジョナサン・プリンス

『Mind Hacks-実験で知る脳と心のシステム』トム・スタフォード/マット・ウェブ

『恐竜の再生法教えます―ジュラシック・パークを科学する』ロブ・デサール/デヴィッド・リンドレー

 

 

 

面接

前期

個人面接 1対3 10分

・前日の筆記試験終了後、面接用作文(生命科学や医学の分野で今一番興味のある分野、今までで一番思い出に残っていること 各400字)を記入、提出

・どうやって鹿児島まで来たか

・鹿児島はどうか ・面接用作文の説明、それに関する質問

・高校時代の部活動 ・高校時代大変だったこと、それを続けられた理由

・部活動を大学に入っても続けるか、その理由

・浪人時代はどこで過ごしたか ・どうして鹿児島大学を志望したのか

・医学部を志望した理由 ・将来希望する科はあるか ・鹿児島に残るか

・離島医療に興味はあるか

・不得意科目について、どうやって克服したか

・生物を選択していないが、大丈夫か

・最近読んだ本、どんな内容か

・併願大学、過去の受験大学

 

後期

個人面接 1対3 10分

・どうやって鹿児島まで来たか

・志望理由(大学、学部)

・前期試験はなぜ不合格だったか

・将来何科に進むつもりか

・女性医師が結婚、出産を経て復帰するにはどうしたらよいか

・先端医療と離島医療どちらがしたいか ・センター試験の点数

 

鹿児島大学医学部案内 

 2014年国立・私立医学部受験情報トップ