医学部予備校のPMD医学部専門予備校福岡

資料請求お問合せ

お電話でのご質問は092-406-7088
(受付時間 09時‐17時)

千葉大学医学部 2014年度 受験情報|入試問題の傾向と対策

 千葉大学医学部紹介
入試問題の傾向と対策

受験データ

▶ 一般入試 
前期
科目
試験時間(二次)
二次
センター
難易度(二次)
形式
英語
不明
300点
200点
標準
記述・選択
数学
120分
300点
200点
標準
記述
国語
 
200点
   
物理
各60分
300点
200点
標準
記述・選択
化学
標準
記述
生物
標準
記述
地公
100点
   
面接
100点
   
小論文
 
合計
1000点
900点
 
後期
科目
試験時間(二次)
二次
センター
難易度
形式
英語
 
200点
   
数学
 
200点
   
国語
 
200点
   
物理
 
200点
   
化学
   
生物
   
地公
 
100点
   
面接
 
100点
   
総合テスト
 
500点
   
小論文
 
400点
 
合計
1000点
900点
※後期:総合問題が500点分出題
 
▶ 面接
前期
時間
形式
8分×3回
個人面接(1対1)
 
 
 
▶ 合格最低点 
前期
2012年度
2011年度
2010年度
1373(1900)
1419(1900)
1464(1900)
 
後期
2012年度
2011年度
2010年度
1400(1900)
1441(1900)
1247(1900)
千葉大学医学部紹介
< 最新の医学部受験情報 >

 

傾向と対策~科目別~

 

英語

▶ 長文読解中心の問題。構文把握の訓練を。

大問1,2 長文読解

下線部和訳、説明問題、指示語の内容、空所補充、語句整序といった形式で総合的な英語力が問われる。英文は標準~やや難しいものが出題され、語彙レベルの高いものに関しては注がついている。和訳問題で問われる箇所は構文が複雑になっているものの出題が多い。関係詞や分詞構文の判別が頻繁に出題されている。

 

大問3 下線部英訳

英文の一部が日本語で書かれ、下線部を英訳する問題である。英作文は難解な日本語が出題される場合が多いが、千葉大学の下線部英訳問題では比較的そのまま英語に訳しやすいものが多い。日本語を見た瞬間に、どの文法を使えばよいか瞬時に判断しなくてはならない。文法事項を多く含んだ英作文の参考書を用いて、しっかりと力をつけておきたい。

推薦参考書:例解 和文英訳教本 (文法矯正編) –英文表現力を豊かにする 小倉 (著),

 

数学

▶ 網羅的な対策を。

出題単元は固定されておらず、出題範囲が広いため、網羅的な対策が必要となる。融合問題が多い。整数問題が頻繁に出題されているため、過去問を中心にしっかりと演習を行っておきたい。

 

 

物理

▶ 網羅的な対策を。

医学部の問題はやや難しい問題が多く出題され、基礎的な問題が姿を消してきている。気体の状態変化に関する問題が出題されている。電磁気の問題はやや難しいため、重点的に対策を行っておきたい。

 

 

化学

▶ 参考書で理解を深める。

ほとんどが基本~標準レベルの問題であり、難問は出題されない。計算問題や論述問題で差がつくため、重点的に対策しておきたい。年度によって論述問題の長さが異なるが、参考書を用いてしっかりと対策を行っておきたい。

推薦参考書:化学の新研究 卜部吉廣(著) 三省堂

 

 

生物

▶ 論述問題に重点を。

論述問題に重点が置かれている。全体的な難易度は標準的であり、難問は出題されない。教科穂レベルの知識をしっかりと押さえ、用語の説明ができるようにしておく。実験問題や論述問題の対策を行っておきたい。

 

面接

前期 個人面接 8分×3回 1対1

・前日の学科試験直前に面接カード(高校入学後からの経歴、日本の学生の学力低下の原因と対策)を記入し提出

・各回質問は1つ。時間が余ったときは志望理由、部活動についてなど

・都会と地方の医師では技術の差はあるか

・医師として「技量」と「人間性」のどちらが大切か

・同僚の患者の不満を聞いたときにどうするか

・アルツハイマー病の正確な予測診断が可能になったら

・現在の医師の給与は適切か

 

千葉大学医学部紹介

< 最新の医学部受験情報 >