医学部予備校のPMD医学部専門予備校福岡
ご質問資料請求無料体験授業申込
お電話でのご質問はこちら(受付時間 09時‐17時)☎092-406-7088
マンツーマンをご希望の方は▶PMD医歯薬個別予備校

2015年 北里大学薬学部 数学 過去問 解説

解答方式

時間

大問数

難易度

空欄補充・記述

70分

3問

標準

 

■設問別分析

大問

区分

内容

難易度

1

全て

空欄補充なので模範解答の通りの表記をできるよう注意すること.記述は必要ないことから本質を理解,出題者の意図に添って解答を考えると特に時間はかからない.

2

数Ⅲ

(1)ベクトルを用いると大きさと内積で表すと良い.またはPP'を底辺,直線と焦点Fとの距離を高さとして求める.(2)△PP'Fの周の長さは頂点距離の2倍と気づけばあとは計算するだけである.

標準

3

数Ⅱ

数Ⅲ
(1)(2)は定義を用いて導ける.(3)においては共有点のx座標がx=0.aと気づくので,これ以外に共有点を持たないことを示すといい.(4)は単調増加と予想されるので,S^{ >0を示す. やや難

■傾向と対策:空欄補充では速さと正確さ.記述では基礎の理解を問われる.

後半の大問はやや難易度が高くなるので,大問1の小問集合を確実に完答したい.定義や定理に従って答えを予想して断定する練習をするといい.加えて後半2問は記述式となるので,過不足の無い答案の作成に努める.教科書にある表記に従って,特に不足の無いよう留意したい.同値が保証されている表現を覚えておくこと.