医学部予備校のPMD医学部専門予備校福岡

資料請求お問合せ

お電話でのご質問は092-406-7088
(受付時間 09時‐17時)

2015年 関西医科大学医学部 化学 過去問 解説

解答方式

時間

大問数

難易度

記述

計算

2科目120分

4問

標準~やや難

 

■設問別分析

大問

区分

内容

難易度

1

無機・理論

ハロゲン・次亜塩素酸・酸化還元】

ヨウ素の溶解に関する性質やさらし粉を水に溶かした場合の塩酸との一連の反応などはしっかり理解しておく必要がある。また、問題文を読み取り酸化還元の半反応式を作らなければならず、液性まで考慮して化学反応式まで完成させるためには、日頃から暗記に頼らず酸化還元を理解しておく必要があるだろう。

やや難

2

有機・理論

【ラクトース・光学異性体・浸透圧・pH・コロイド】

ラクトースの水溶液中での還元性がアルデヒド基によることを理解していれば、同じ実験結果となるものを選択することは容易である。他の知識問題も基本的で、浸透圧やpHの計算も解き方で迷うことはない。

3

有機・理論

【アミノ酸の構造式の決定】

一般的な有機物の構造決定の問題と同様に、CとHの組成比を決定する。アミノ酸の氷酢酸によるアセチル化から官能基を推定し、構造式を決定することができる。

4 理論

【二酸化炭素の平衡・水蒸気を含む気体の平衡】

二酸化炭素の平衡は、条件をもとに平衡定数の式に当てはめれば容易に解くことができる。問4、問5はそれぞれ飽和水蒸気圧との比較で水の状態を判断し、問4では水の一部が液体となっていることに気が付かなければならない。

標準

 

■傾向と対策:無機・理論はハロゲン・酸化還元・化学平衡など、有機は主に生体高分子からの出題。無機の問題の難易度が高い。

1問目の無機分野からの出題は、難易度が高めなのでここで手間取ってしますと他の問題の出来にも影響してしまうのではないだろうか。出題頻度は低いとは言え、無機分野も系統別に整理してしっかり時間をかけて学習しておく必要がある。また、問4も平衡定数の問題に慣れていない受験生は難しく感じるであろう。問2と3は比較的容易な問題だが広い分野からの出題になっている。