医学部予備校のPMD医学部専門予備校福岡
ご質問資料請求無料体験授業申込
お電話でのご質問はこちら(受付時間 09時‐17時)☎092-406-7088
マンツーマンをご希望の方は▶PMD医歯薬個別予備校

PMDからのご挨拶

生徒の成長を第一に考えた「環境」づくり

 医学部専門予備校PMDは、福岡市中央区にありながら、桜の名所である舞鶴公園や大濠公園に近く、よい学習環境を備えています。 また、6階の教室からは、昭和通りのいちょう並木が四季折々の風景に彩を添えています。 この環境の中で、医学部を目指す生徒たちが日々目標達成のため勉学に励んでいます。

 

桜の時期の舞鶴公園

 

 医学部受験は年々難化傾向にありますが、基本的に求められることは変わりありません。 学科の成績同様に、医師としての資質が必要となります。 これは知識として身につけられるだけでなく、日々の勉学や他の人との交わりの中で感じることが影響することも多くあります。 こうしたことを踏まえれば、受験生が一年を過ごす予備校の雰囲気が、生徒の意識の形成に少なからず資するものがあることをご理解いただけるかと思います。

 

 目標を同じくする生徒同士がお互いを高め合い、予備校の職員、講師とのふれあいを通して精神的にも成長することが理想ではないでしょうか。 そのためにも、PMDでは少人数の生徒に対して、多くの職員、講師が対応しています。

 

 私どもPMDは、生徒の成長を第一に考えた「場」になりたいと考えています。 また、その過程で保護者の方にも様々にお力添えをいただくこともあるでしょう。 一年間の勉強を通じて生徒が目標をつかみ取り、大きな希望を持って医学部への扉を開けていただきたいと思っています。

PMD福岡教室長からのメッセージ

保護者の方へ

合格実績

 

PMDの特徴

PMD内ゼミ教室

PMDは、医学部受験に向け、基礎固めから実践問題が解けるようになるまで、一人ひとりに最適な指導体制を築きます。

PMDでは「少人数でのゼミ形式の授業」と「勉強のリズム作り」を基本としています。 その上で、少人数での授業ながら圧倒的な授業時間数を確保(例・私立コースの場合、年間約1520時間)しています。

また、授業で身についた知識を使って問題が解けるようにするため、定期テスト、実力テスト、模試、過去問を年間約40〜50回(コースによって変わります)行ないます。 圧倒的な演習量と解説授業、解き直し、類題演習で、単なる「知識」から「解ける」を実現します。

PMDスタイル

1クラス5名程度の少人数ゼミ形式
〜 双方向の授業 〜

PMDでは、少人数でゼミ形式の授業をおこなっています。 少人数での授業の強みは、講師が生徒一人ひとりの理解を把握して初めて発揮されます。

多人数での授業のように、一方的に講師が話すだけの授業は行なっていません。 生徒に質問して理解度を確認したり、生徒の質問を受け付けるなどして双方向の授業を行ないます。 生徒が授業に関わり、なおかつ他の生徒の解き方や理解の仕方を知ることによって、理解度・定着度が格段にアップします。

一方通行の授業では、自分が解っているか解っていないのかも分からないという状況が生じがちです。 限られた授業時間内で理解し、問題が解けるようになり、さらに定着するところまでいくためには、生徒の理解を授業にフィードバックすることが必要不可欠となります。 「自分がどこを解っていて、どこを解っていないか」を講師に指摘されて、初めて学力がつきます。

また、講師も間近に生徒の解答の過程を知ることができますので、答案作成の指導も的確に行なうことができます。

生活のリズム
〜 すべての基本 〜

PMDは、受験勉強を通じて毎日の規則的な生活を身につけることが、成績伸長への第一歩であると考えます。

規則正しい生活を送ることは、一見受験勉強とは関係ないように思われるかもしれません。 がむしゃらな勉強も時には必要でしょう。 しかしながら無理に長続きしないことを自分に強いては、疲れがたまり体調を崩すこともあり、かえって逆効果にもなりかねません。

PMDのゼミでは、一年を通じてコンスタントに力を発揮できる環境を作るため、月曜日から金曜日まで毎日1時限目から授業があります。 1時限目の授業が、朝の起床、朝食の時間、登校の時間を決め、一日のリズムを作り出します。 これを毎日繰り返すことによって、無理なく多くの勉強時間が確保できるようになっていきます。

特に、受験が近づいてくるとどうしても不安になってしまいがちです。 不安を打ち消すには勉強することに尽きますが、毎日決まった時間に勉強時間を確保することが習慣化されていれば、自ずと不安は解消され、平常心で入試を迎えることができます。

PMDでは、「朝起きれない」、「夜眠れない」など生活のリズムを上手に管理できない学生さんに対して、専門の心理カウンセラーが学習・生活相談を行っていますので、いつでも相談することが可能です。
 

PMD 7つの安心

① 圧倒的な授業時間

 

英語、数学は週5コマ、理科は週4コマずつと、圧倒的な授業時間を確保。医系 小論文は隔週で1コマ、面接指導(個人、集団)、各種適正試験対策もおこないます。 特に英語、数学は毎日ありますので、定着度が格段にアップします。

希望者は3月上旬からの春期講習で早めのスタートをきることができます。各国公立私立大学医学部の対策授業、後期対策授業も万全におこないます。

また夜22:00までの自習時間や日曜・祝日の自習時間の際は質問対応だけでなく、授業で十分理解定着しなかった箇所があった場合、補習授業をおこないます。

十分な解説と演習時間を確保するために、1コマは100分授業となります。10分~20分の違いが年間を通じると大きな違いとなります。

 

②定着のためのテストシステムと圧倒的な演習量

 

課題→授業→復習、毎日の暗記テスト、週1回の確認テスト、月1回の定期テスト(月末)を繰り返すことで、授業で行なったことを確実に定着させます。基礎的な知識を完璧にした上で入試レベルの演習に移ります。

実践力を養う目的で、「国公立・私立医学部の過去問演習」(年間15回)、「各大学医学部プレテスト」(3校程度)、「医学部実力模試」(年間2回)、「各種校外模試」(年間7回)「センター演習」(年間10回)など各種模試・演習を、年間40(私立医学部コース)~50回(国立医学部コース)行ないます。

これらの演習は、授業時間以外におこないますので時間のロスが少なく効率的です。 できなかった問題は授業で解説・解き直しを行ないます。徹底した演習とその解説・解きなおし・類題演習によって、入試レベルの問題も解けるようになってきます。

また各大学医学部過去問他の結果は、受験校を決定する際の正確な材料のひとつとなります。

 

H24過去問演習実施
(私立医学部)

近畿大学・帝京大学・北里大学・福岡大学・久留米大学・愛知医科大学・川崎医科大学・金沢医科大学・岩手医科大学・兵庫医科大学・杏林大学・藤田保健衛生大学・東京医科大学・埼玉医科大学・日本医科大学
H24過去問演習実施
(国立医学部)
九州大学・大分大学・熊本大学・琉球大学・山口大学・愛媛大学・広島大学・他私立大学医学部、センター過去問
 

*年度によって実施大学は異なります。(志望校調査により決定)

 

③ 少人数クラス

 

1クラス5名程度(最大8名)のゼミ形式少人数クラスです。生徒一人ひとりの状況をフィードバックしながら授業を進めますので、きめ細やかなサポートをすることができます。

 

④ ベテランの講師陣

 

医学部受験のベテラン講師陣。 単に教えるだけではなく、生徒に合った勉強の仕方を指導し、常に生徒がモチベーションを高く保つように授業を行ないます。問題の解き方だけではなく出題意図に沿った答案作成の指導までおこないます。

また在籍講師の約半数は当予備校の専任講師です。

*H25年度7月時点で福岡校にて稼動している講師20名中9名が専任講師です。

 

⑤ スタッフ

 

医学部受験に精通したスタッフで普段の勉強から受験までバックアップ。 生活面、精神面もサポートします。 受験情報も豊富です。

すべての大学医学部の願書取り寄せを無料にておこなっています。また願書作成指導をおこなうなど、医学部受験以外の負担を軽減することに努めています。

受験の際は交通機関やホテルの手配、受験地への同行、希望があった場合は1次合格の際の面接指導講師の受験地への派遣(無料)など受験に集中できる環境を作ります。

また、学習面だけでなく、本番で緊張するなどのメンタル面に関しては、専門の心理カウンセラー自己分析シートなどを活用しサポートしていきます。

 

⑥ 毎月の授業報告書

 

その月におこなった単元や講師による講評、成績状況を保護者の方にお知らせします。 生徒にも同じものを渡します。 講師からのアドバイスを読むことによって、自己流になりがちな勉強を修正することができます。 また自分自身の現状を客観的に把握することができます。

 

⑦ 年2回の保護者面談

 

8月と12月におこないます。 8月は前期のご報告と学力の状況をお知らせしたうえで今後の方針をお話しします。 12月は後期のご報告と受験校の最終決定となります。

受験校は、生徒、保護者の志望を優先した上で、どの大学の傾向が合っているかを、正確に把握した生徒の勉強の状況に応じて提案します。