医学部予備校のPMD医学部専門予備校福岡

資料請求お問合せ

お電話でのご質問は092-406-7088
(受付時間 09時‐17時)

2015年 福岡大学医学部 化学 過去問 解説

解答方式

時間 大問数 主な内容

選択・計算

120分(2科目)

4問

総合・有機

難易度 2/3 スピード 2/3

 

■設問別分析

大問

区分

内容

難易度

1

総合

【無機知識・混合気体のモル分率・アルデヒドの性質】

混合気体のモル分率の計算問題は易しいが、正誤問題は選択肢の中にやや詳しい知識を必要とするものもある。

標準

2

無機
理論

【酸化物の分類・二酸化炭素の生成・逆滴定】

酸化物の分類は化学式を選択するだけなので容易。pH計算・逆滴定の計算も基礎問題。

3 理論

【ダニエル電池・電気分解】

選択問題はイオン化傾向・酸化還元の理解ができていれば容易。電子の授受が計算に関係するので酸化還元式がかけることは必須。答えを数値ではなく文字式で表す問題もあるが、計算がない分むしろ解きやすい。
4 有機

【高分子化合物・PET・天然ゴム】

高分子化合物の立体構造と性質に関連した正誤問題・天然高分子の枝分かれ構造と網目状構造の選択問題は、しっかりとした知識がないと判断が難しい。高分子化合物の一般的知識に関する空欄補充と平均分子量の計算は易しい。
標準

 

傾向と対策:選択問題には難易度が高い問題もあるが、全体的には解きやすい問題が多い。
標準的な問題の反復が結果に出る問題。

計算を含む問題・空欄に選択肢を当てはめる問題は、どの分野も基礎的な問題が多く得点しやすい。それには対して、知識に関する正誤問題は判断に手間取るものが多い。理科2科目120分の試験時間を考えると、正誤問題で時間を消費し、取れるはずの計算などを落とすことがないように、時間配分を考えて解くことが必要である。