医学部予備校のPMD医学部専門予備校福岡

資料請求お問合せ

お電話でのご質問は092-406-7088
(受付時間 09時‐17時)

2015年 兵庫医科大学医学部 化学 過去問 解説

解答方式

時間 大問数 主な内容

記述・選択

120分(2科目)

3問

総合・有機

難易度 2/3 スピード 2/3

 

■設問別分析

大問

区分

内容

難易度

1

総合

【硫黄化合物・硫酸の役割・タンパク質】

硫酸の化学反応における役割を塩酸に置換可能か問う問題は、その理由を記述せねばならず、単なる暗記では対応できない。他の問題も実験手法に関する正確な理解が必要。

2

理論

【気体の溶解度・ヘンリーの法則・電子式】

気体の溶解度の圧力・体積・温度・物質量との関係を曖昧に記憶しているだけでは解けないが、正誤問題・計算問題・グラフ作図すべて論理で正解できる。

標準

3 有機

【アルコールの構造決定・異性体・不斉炭素原子】

4つの実験から判断できることを順次考えていくことで、それぞれの構造式が無理なく決定できるが、日頃から構造式を書くことに慣れておかないと時間的には厳しい。

標準

 

傾向と対策:理論から有機まで、論理的な思考を問う良問。理論分野では、理由記述ややグラフ書き、有機分野は構造式決定などを出題。

特に難問ではないが、各分野とも標準的かつ重要な事項に関しての本質的な理解が求められている問題が多い。暗記に頼った受験勉強をしている受験生はかなり苦戦するのではないだろうか。逆に、無機・有機の分野も反応の理論を中心に理解している受験生は、問題に与えられた情報から正解を導き出すことができる問題になっている。