医学部予備校のPMD医学部専門予備校福岡
ご質問資料請求無料体験授業申込
お電話でのご質問はこちら(受付時間 09時‐17時)☎092-406-7088
マンツーマンをご希望の方は▶PMD医歯薬個別予備校

2015年 川崎医科大学医学部 化学 過去問 解説

解答方式

時間 大問数 主な内容

マーク

120分(2科目)

2問

理論・総合

難易度 1/3 スピード 2/3

 

■設問別分析

大問

区分

内容

難易度

1

理論

【結晶・単体・化合物などの性質、周期表、酸化数、イオン化傾向、正塩、塩の加水分解、イオン化エネルギー・電子親和力・結合ネルギー、中和熱と溶解熱、塩化銅・硝酸銀の電気分解】

理論分野の基礎的問題。正誤問題・選択問題の選択肢も紛らわしいものは少なく正解し易い。計算も応用レベルのものはない。

2

総合

【硫酸の性質・塩の反応、アセチレンの燃焼・混合気体の圧力、エステ・芳香族化合物の構造の決定、電離定数・溶解度積、デンプンの構造・糖類】

理論・有機の基礎的問題。エステル・芳香族化合物の構造の決定は、選択肢に物質名または構造式が書かれているので、実験の結果から条件に合うものを選択していけばよい。電離平衡・溶解度積の問題は、問題文の説明に添って穴埋めしていくことで対応できる。

 

傾向と対策:全問マークシート式の選択問題。内容は基礎的。問題数が多いので解答時間に注意。

高分子からの出題割合が低く、理論の基礎的知識や計算の問題が中心に出題されている。教科書や教科書傍用の問題集を中心に繰り返し練習しておけば対応できる。マーク模試やセンター過去問などの知識問題の見直しや、川崎医科大の過去問を数年分解くことが有効であろう。合格のためには、高得点を取らなければならない問題である。