医学部予備校のPMD医学部専門予備校福岡

資料請求お問合せ

お電話でのご質問は092-406-7088
(受付時間 09時‐17時)

京都府立医科大学 2015年度 受験情報|入試問題の傾向と対策

 京都府立医科大学紹介
2014年度 京都府立医科大学入試問題の傾向と対策

受験データ

▶ 一般入試 
前期
科目
試験時間(二次)
二次
センター
難易度(二次)
形式
英語
120分
200点
100点
標準
記述・選択
数学
 120分
200点
100点
やや難
記述
国語
 –  –
100点
   
物理
 2科目150分
200点
100点
やや難
記述・選択
化学
標準
記述
生物
標準
記述
地公
 –
50点
   
面接
 –  –    
小論文
 –  –
 
合計
600点
450点
 
 
▶ 面接
前期
時間
形式
10分
個人面接(1対3)
 
 
▶ 合格最低点 
前期
2012年度
2011年度
2010年度
686.4(1050)
679.1(1050)
639.6(1050)
京都府立医科大学紹介
2014年国立・私立医学部受験情報トップ 
 

傾向と対策~科目別~

 

英語

▶︎例年長文読解の一題はかなり難しい。英問英答、内容一致で点を落とさないようの対策をしっかりと行っておく。

解答方式

時間

大問数

難易度

記述式

120分

4問

やや難

 

■設問別分析

大問

区分

内容

難易度

1

長文読解

和訳、語彙、整序

2

長文読解

英問英答

標準

3

長文読解

内容一致

やや難

4

英作文

自由英作

標準

■2014年度 京都府立医科大学 英語 過去問 解説

数学

▶難問も出題される。場合によっては捨てる覚悟を。

標準的な問題が出題されるが、難問も含まれる。2013年度では大問4の行列の問題がやや難しいものであった。こういった問題は無理に解こうとせず、問題の取捨選択をおこない、解ける問題に全力を注ぎたい。

 

物理

▶標準・やや難のレベルを落とさないように。

標準的な問題もあるが、やや難、難レベルの問題も出題されている。やや難レベルまでは確実に得点し、難レベルはわかるところまでで切り替えよう。計算量もかなり多いのでスピードをもって計算できるよう訓練しておきたい。

 

 

京都府立医科大学紹介

 2014年国立・私立医学部受験情報トップ