医学部予備校のPMD医学部専門予備校福岡

資料請求お問合せ

お電話でのご質問は092-406-7088
(受付時間 09時‐17時)

大阪大学医学部 2015年度(平成27年度) 

受験情報|入試問題の傾向と対策

大阪大学医学部案内 
2014年度 大阪大学入試問題の傾向と対策

受験データ

▶ 一般入試 
 
前期
科目
試験時間(二次)
二次
センター
難易度(二次)
形式
英語
90分
200点
100点
やや難
記述・選択
数学
150分
200点
100点
やや難
記述
国語
 
100点
   
物理
2科目150分
200点
100点
標準
記述・選択
化学
標準
記述
生物
やや難
記述
地公
100点
   
面接
 
   
小論文
 
合計
600点
500点
 
後期
科目
試験時間(二次)
二次
センター
難易度
形式
英語
 
100点
   
数学
 
100点
   
国語
 
100点
   
物理
 
100点
   
化学
   
生物
   
地公
 
50点
   
面接
 
500点
   
小論文
 
450点
 
合計
950点
450点
 
 
▶ 面接
後期
時間
形式
10分
個人面接(1対3)
 
 
▶ 合格最低点 
前期
2012年度
2011年度
2010年度
897.6(1100)
838.8(1100)
870.8(1100)
 
後期 ※センターのみ
2012年度
2011年度
2010年度
397.75(450) ※
408.85(450)※
585(950)
大阪大学医学部案内
2015年国立・私立医学部受験情報トップ 
 

傾向と対策~科目別~

 

英語

▶︎和訳、英訳が中心。繰り返し同じ問題を解き、訳を研ぎ澄ます訓練を。

解答方式

時間

大問数

難易度

記述式

90分

4問

標準

 

■設問別分析

大問

区分

内容

難易度

1

和訳問題

Aはやや難しいが、Bは比較的取り組みやすい。

標準

2

長文読解

読みやすい文章であるが、説明問題が多く、訓練が必要。

標準

3

自由英作文

どんなトピックにも対応できるようにしておく。

標準

4

下線部英訳

日本語を噛み砕く訓練を。

標準

2014年度 大阪大学医学部(共通) 英語 解説

 

数学

▶︎今年は標準的な問題が多く、取り組みやすかった。標準レベルの問題は、必ず完答できるように、繰り返し頻出問題は解いておこう。ただし、例年であると、分量、計算量共に多いので、難問も含めて幅広く学習し、数学的な洞察力を深く鍛えておこう。

解答方式

時間

大問数

難易度

全て記述形式

150分

5問

標準~やや難

 

■設問別分析

大問

範囲

出題分野

形式

難易度

1

数学B

ベクトル

ベクトルの関係式から実数解の存在条件を求める問題

標準

2

数学Ⅲ

微分法

不等式が成立する条件、関数の決定

標準

3

数学Ⅲ

積分法

積分を利用した級数の整数部分を求める問題

標準

4

数学Ⅲ

極限

外接するn個の球からなる図形と極限

やや難

5

数学A

数学B

確率

数列

サイコロと確率漸化式

標準

⬛︎2014年度 大阪大学医学部 物理 過去問 解説

 

物理

▶ 電磁気の対策に力を

例年大問1は力学、大問2は電磁気から出題され、大問3は熱力学や波動から出題されている。標準的な問題が主であるが、やや難しい問題も出題される。特に電磁気の問題は発想が難しく、難易度の高いものがある。問題によってはかなりの計算力を要するため、日ごろからスピードと正確さをもって計算することができるように訓練を積んでおきたい。

2014年度 大阪大学医学部 物理 解説

 

化学

▶ 合成高分子、アミノ酸の対策も怠らない

全体的に標準レベルの問題が出題されているので、合格するためには一つ一つを確実に正解していきたいところである。きちんと基礎を理解することが大切である。

解答方式

時間

大問数

難易度

記述式

2科目150分

4問

標準

 

■設問別分析

大問

分野

難易度

〔1〕

無機化学

標準

〔2〕

化学平衡

標準

〔3〕

有機化学

標準

〔4〕

糖類

標準


2014年度 大阪大学医学部 化学 過去問解説

 

 

生物

▶ 論述問題の訓練を

遺伝や動物の発生の分野が好んで出題されている。

教科書レベルの知識からやや範囲を超えた知識まで出題されている。2011年より難化している傾向にある。

思考力、考察力を要する問題が多く、論述も多い。

中でも論述問題は、70~100字程度で、実験問題と合わせて出題されることが多く、これらの問題は知識を丸暗記しているだけでは正しく解答することはできない。図説や参考書を駆使してひとつひとつの生物用語の理解を深めておきたい。

過去問は阪大のものだけでなく、京大、東大のものにもあたって難問を解く力を身につけよう。

 

 

 

小論文

英文問題が出題され、テーマは自然科学であることが多い。

課題文読解型の問題も出題され、こちらは医学・医療がテーマである。

 

出題内容

英文問題「カルボン酸とエステル」「生物の分類と細胞の特徴」「放射線の性質と人体への影響」

課題文型「死の定義と臓器移植」

 

 

 

面接

前期 個人面接 10分 1対3

・志望理由(大学、学部、医師)

・他の学部を選ぶという選択肢はなかったのか

・なぜ東京大や京都大ではないのか

・医師に必要なこと ・医師に向いていると思うか

・どういう医師になりたいか

・医師になったら何をするか

・もし給料が今の半分になったとしても、やはり医師をめざすか

・どういう学校生活を期待しているか

・今まで一番感謝したこと

・高校生活について、一番思い出に残っていること

・浪人生活について

・長所、短所を一言で

・趣味は何か

・リーダーシップはあるか

・最近の気になるニュース、時事問題

・苦手な人とどう接するか

・悩みは誰に相談するか

・オープンキャンパス等は行ったか、他大学との違い

 

 

大阪大学医学部案内

2015年国立・私立医学部受験情報トップ